go の let's goシニア

アクセスカウンタ

zoom RSS 出作り小屋に同行して

<<   作成日時 : 2016/12/20 20:50   >>

ナイス ブログ気持玉 106 / トラックバック 0 / コメント 10

この季節になると初雪が降って、いつのドライブしている林道や峠道にも雪が積もり通行できなくなりました、以前に出作り小屋の方の山菜取りに同行した時の画像が有ったので記事にします。

小屋から山菜をとる場所へ行く道は、一般の人が通行しない山道でブッシュの中にわずかの踏み跡となって辛うじて道筋が分かる嶮しい道です、崖が切り立って下に流れる谷川が細く見えます。

画像




画像



小屋から1時間30分ほど歩くと、山頂近くのブナなどの広葉樹の広がる森に出ました、このあたりで山菜を収穫します。
画像



小屋に帰ってから収穫したゼンマイの綿毛をとって、加工します。
画像




画像



外でカマドを据えて湯を沸かします。
画像



ゼンマイを沸騰した湯で湯がきます、ゼンマイからアクが出て湯が茶色になりますが、ゼンマイは綺麗な緑色になります。
画像



湯がいたゼンマイを天日で干します。
画像



天日に干して乾き始めでシットリとした頃に手で揉みます、完全に乾くまでに繰り返し何回か揉みます、この揉み方によって出来上がりの品質が左右されるらしいです。
画像



今回の予定は小屋で二泊して三日の予定です、2日目も好天に恵まれ収穫してゼンマイが良く干し上がったようです、完全に干し上がると生のゼンマイの約1/5以下の量になるそうです。
画像



ゼンマイ加工は経験不足であまり手手伝う事もなく、2日目になると小屋から登った源流に釣りに出かけました、熊除けの鈴を鳴らして行きましたが、鬱蒼と谷を覆うように茂っていて1人ではちょっと不気味でした。
画像



渓流の水量も丁度良くて2時間ほど釣って帰りました、岩魚の大きなサイズも含めてまあまあの釣果でした。
画像



釣った岩魚は調理してから小屋のストーブの上でじっくりと時間をかけて燻製状に焼きます、燻製状にカラカラに
焼き上げるて紙に包んで山の土産に持ち帰りました。
画像



小屋の近くに咲いていたツバメオモトの花です。
画像



ラショウモンカズラ(羅生門蔓)
画像



サンカヨウが群生していました。
画像



幹に棘が有るハリギリの新芽です、新芽の柔らかい物を摘んでウドの新芽とてんぷらにして食べました、小屋の夕飯は焼いた岩魚、山菜の天ぷらと焼き肉でした。
画像





画像





ウドも丁度良い伸び具合で帰りの土産用に収穫しました。
画像



谷筋にはワサビがみずみずしい緑の葉に白い花が咲いてとても綺麗でした。
画像



山菜取りに同行して3日間深い山に入りました、山の木々も萌える季節なので緑一色のブナの林に木々の息吹を感じました、草花もいきいきと茂って綺麗な花が沢山咲いていました。

ご訪問ありがとうございました。




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 106
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
渓流での岩魚釣り、ゼンマイの収穫・・・この二つで如何に山深いと場所と分かります。釣った魚と山菜のつまみ、喉から唾が出てきます。
クマさんも山のほうから眺めていたのかも知れません(笑)。
信徳
2016/12/21 08:27
信徳様へ
おっしゃる通り山深い場所です、こんども小屋の住人と同行したので行けましたが、単独では行けない場所です。
行くときに米とその他の食糧、自分で飲むアルコール類は各々が背負って行きました、昔の人はこんな山奥で5月ごろから10月ごろまで暮らしていたのですから大変だったと思います。
この時期は山菜も豊富なので山菜の天ぷらと岩魚の塩焼きはおいしかったですよ。
go
2016/12/21 17:24
こんばんは
最近は山奥まで道路が切り開かれて、こんなに沢山の山の幸がある所も減って来ているようですが、山菜・岩魚そして目にも優しい若葉と共に、山野草の花も咲き、一年で一番良い季節ですね♪〜
それにしてもgoさんの釣りの腕は一級ですね♪〜
季節的に良い季節と言う事は、熊さんも活動的になるので要注意ですね。
リッキー
2016/12/21 18:34
リッキー様へ
おはようございます、渓流釣りには最近はほとんどいっていませんが始めたころ(30才代)には毎週の休日には釣りに行っていました、今度は出作りの方が山菜取り行くので後について行きました、どんな場所か分からなかったのですが、渓流釣りの道具と竿は一応もっていきました。
季節的にも奥山の新緑のシーズン(5/31〜6/2)で草花の花も咲いていてとても綺麗でした、3日間綺麗な空気を吸ってリフレッシュが出来ました。
go
2016/12/22 08:00
ゼンマイはあまり収穫した記憶がないですよね?、採った後、手間がかかると聞いていますが本当にたいへんな作業ですね、直売所で干したものが売られていましたが高価な理由がわかります。これだけ山奥に入れば山菜も豊富でイワナもバケツからはみ出すサイズ・・山奥だからでなくて腕がいいのか(笑)。草花が咲いて新緑がきれいなこんな季節が恋しいです、待ち遠しいですね、竿でも磨いていてください
幸村
2016/12/22 22:28
イワナが丸々と肥えて、大物だとわかります@@
子供の頃、ぜんまいやキノコを採りに山に行ってましたが、開発が進んで今ではなかなかそういう機会は得られませんし、下拵えも面倒で手が出なくなりました。
それにしても今年はまったく奥山に行かずに終わってしまいました。来年は少しは歩いてみたいと思います。
つとつと
2016/12/23 01:44
幸村様へ
信州ではワラビ取りが主流でしたが、なぜか北陸ではゼンマイが珍重されています、ゼンマイはワラビと違って
手が掛かります、行った日は晴天が続いて良く干し上がりましたが天気が悪いと生乾きで重いのであまり量をも持って帰れないようです。
岩魚は少しは上手下手に関係が有りますが、山深い場所でほとんど人が釣りに入っていないので釣果が上がったのです、どんなに上手な人でも良く人が釣りに入る川は魚影も薄く魚が警戒しているので釣れません。

go
2016/12/23 08:06
つとつと様へ
奥山の人の手の入っていない渓流は岩魚の餌となる水生昆虫が豊富なのでどの魚も良い形をしていました。
最近は源流にも釣り人が入っていて中々釣れる川はありませんが、私の釣った川はあまり人が入っていなかったのが技量をカバーして釣れたのだと思います。
ウドやコシアブラなどのすぐに食べられる山菜は少量でもすぐに食卓に上がりますが、ゼンマイは手を掛けないと食べられないので少々採ってきても煩わしいですね。
いつも山に案内して下さる人からお声が掛かったのでめったに行けない山奥に米や食糧を背負って行って来ました、もちろんアルコールも忘れることなく持って行きました。
go
2016/12/23 08:21
こんばんは〜
わらび取り 岩魚つり 決して都会ではできえぬことの素晴らしさ 懐かしく思います。
新鮮な山菜 魚は美味しいのでしょうね。
日本の忘れかけた心の記事 楽しみに拝見しています また来年もよろしくお願いします

一足先にブログの店じまいをさせて頂きます(笑笑)それでは ま〜た
メリークリスマス
イータン
2016/12/24 21:32
イータン様へ
こんにちは、こちらの白山系の山は既に雪が降って、いつもドライブする林道や峠は来春の雪融けまで通行できません、今回の記事は以前に山菜とりをする人に同行して行った時の記事を書きました、2泊小屋に泊めていただいて山の綺麗な空気を吸ってブナ林の緑や山野草の綺麗な花に癒されて帰ってきました。 釣り人もあまり入らない山深いところなので久し振りに岩魚も大きいサイズが釣れて楽しかったです。 いつもイータンさんの記事を楽しみに見せて頂いています、来年もイータンさんに良い年が訪れますようにお祈りします。
歳のせいかボケをかましてお返事する人を勘違いして違うことを書いてしまってごめんなさい、お返事を一部訂正しました。(12/26)
go
2016/12/26 07:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
出作り小屋に同行して go の let's goシニア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる