深田久弥 山の文化館を訪ねて

日曜日に那谷寺の帰りに少し足をのばして加賀市大聖寺の、「日本百名山」の著者で有名な深田久弥山の文化館に寄ってきました。

画像


深田久弥のプロフィールを山の文化館のパンフレットより抜粋して紹介しましょう。

登山家であり、山の文学者として知られる深田久弥は加賀市大聖寺に生まれました。
昭和38年に発表した「日本百名山」は、読売文学賞を受賞し、登山愛好家だけでなく、多くの人々に愛読され、日本の山の美しさを人々に再認識させるきっかけを作りました。
また、ヒマラヤや、シルクロードの研究の成果は、多くの著述として世に問われています。
しかし、シルクロード研究や「世界百名山」の執筆中、昭和46年3月21日茅ヶ岳登山中、脳卒中でなくなりました。68歳でした。



山の文化館は、大聖寺市街の国道から小路に入り、民家が軒を連ねた細い通りの先、熊坂川の橋を渡った所にありました、周辺は静かな住宅街で車も人も往来が少なく静かな佇まいです。
画像




長い塀に囲まれた屋敷です、明治43年に地元の山長株式会社の絹織物工場として建てられ、昭和50年半ばまで絹織物(羽二重)が生産されていました、その後、改装して山の文化館となっています。
事務所棟および付属する石蔵、門は平成14年に国の登録有形文化財になっています。
画像




画像




画像




門を入ったら樹齢650年と云われる大きな銀杏の木が、二階建ての事務所棟の屋根より高く天に伸びていて、訪れた時は黄色に色付いた葉が散って、一面に黄金色の絨毯となっていました。
画像




中庭には大きな丸テーブルと椅子があり、休憩と読書が出来るようになっています。
画像




画像




レトロな玄関を入ると左側に図書室がありました、深田久弥に関する資料や、山に関する書籍などが閲覧できるようです。
画像




廊下に設けられた本棚にも山に関する書籍が収納されていて、壁には山の写真が幾つか飾られていました。
長い廊下の先から展示室の石蔵に続く廊下があります。
画像




展示室の石蔵への渡り廊下が続いています。
画像




展示室になっている石蔵の扉です、石蔵は生糸の保管庫として使われていたようです、黒く光る漆塗りの蔵の扉が左右に開かれて奥が展示室になっています。
画像




展示室は四方の壁にガラス張りの展示棚と中央に展示ケースが並んでいて、深田久弥のゆかりの品々が展示されていました。
画像




文学者としての久弥が執筆した山に関する書籍や、雑誌へ投稿した記事などが展示されていました。
自筆の原稿が展示されていて読ませていただいた原稿の中に、私が素朴さが気に入って何回か通ったことがある黒部の祖母谷温泉小屋(ばばだにおんせんごや)のことが書かれていて興味深く読ませていただきました。
画像




画像




深田久弥の登山姿の写真です、平成15年(2003)に生誕100年を記念して、白山の山開きの7月1日に発行された切手に使われた写真です、切手のデザインは久弥の故郷、柴山潟から望んだ真白に冠雪した白山がバックに映っています。
画像

画像






ヒマラヤ登山の記録や資料が展示されている棚です。
画像




深田久弥は雅号を「九山」として俳句を詠んでいます、色紙や扇子に書いた俳句が展示されていました。
画像




画像




久弥が登山で実際に使用していた道具が幾つか展示されていました、これは山で湯を沸かしたり調理をする時に使用したコンロです、見た感じでは外国製のようです。
画像




気圧計と腰皮です、腰皮は冬山登山の時に腰からお尻に垂らして付けておいて、腰を下ろす時にお尻の下に敷いて座ります。
画像




コッフェルは山で炊事をする時の鍋釜が幾つかセットになったものです、中にサイズの違うものが幾つか収納されています、随分使い込んだ様子です、このコッフェルとコンロを背負って百名山に登ったのでしょうか。
深田久弥は山の文学者として、世間一般の文学作家と違って、実際に山に登ったり、遠くから眺めたり、その山の特徴やその山の持つ魅力を肌で感じて「日本百名山」を執筆しています、百名山を選ぶ上では150座以上の山に登られているように聞いています、現場主義に徹した作家だったと思います。
画像




石蔵の展示室と渡り廊下の間のビデオ映写室の窓から見た、事務所棟と門の間の庭の景色です。
画像




庭には深田久弥の句碑と山の文化館の館長で深田久弥の同郷の後輩になる作家の高田宏さんの句碑が建っていました。
画像




庭の奥には離れの建物があって、喫茶 聴山房になっていてコーヒーや飲み物を飲んで休憩できるスペースになっていました。
画像




立派なお屋敷の門をくぐって深田久弥の山の文化館を後にしました。
画像



 

  日本人はたいていふるさとの山を持っている、

  山の大小遠近はあっても、
  ふるさとの守護神のような山を持っている。

  そしてその山を眺めながら育ち、
  成人してふるさとを離れても、
  その山の姿は心に残っている。

  どんなに世相が変わっても、
  その山だけは昔のままで、
  あたたかく帰郷の人を迎えてくれる。

  私のふるさとの山は白山であった。

 
                     深田久弥「日本百名山」より



この詩を読んでいると子供の頃に遊んだふるさとの山の姿が脳裏に浮かんで来ました、ふるさとの山はいつまでも心の支えになる存在です、そしていつまでも忘れる事はないでしょう。



画像
     深田久弥のふるさとの山、白山 柴山潟より 2011/11/26
 



私が登った山の中に、百名山に含まれる山は10座だけです、今では少しずつ足の機能が衰えてきて登ってみたい山は沢山有るんですが叶いません、そんな中でどうしてももう一度登ってみたい山が雨飾山でしたが、この秋に登ってきました、今回で5回目の登頂になりました。


今回は短い時間でほんの表面上のことしか得る事は出来ませんでした、今度訪れるときには時間を掛けてしっかりと見たいものです、、山の文化館の近くに深田久弥の生家があると聞きましたが、生家にも寄ってみたいと思います。

ご訪問、感謝します、長い記事を最後まで読んで頂いて有難うございます。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 76

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2013年11月29日 17:02
こんにちは

思い出しました、まだ山に興味がなかった頃、たまたま本屋で手に取った『日本百名山』の事を。それをきっかけに海と同じ様に山に興味を持ち好きになっていきましたね。
今では山の方が大好きですよ^^
素敵な山の文化館、建物もレトロで感じ良いし、お庭がイチョウで一面黄色なのも素敵ですね。
日本人はたいてい故郷の山をもっている…私の故郷の山は小中学校の校歌に出て来た『生駒山』ですね(*^_^*)
2013年11月29日 21:31
石川県生まれだったんですね、そうですね「・・たいていふるさとの山を持っている」、いつまでも心にある故郷ですね、山じゅうかけまわっていましたね、きのこを採ったり、採り過ぎてズボンの中に「あかんぼう」入れて帰ってきたのは、どっちのあんちゃんだっけ?。この秋に虚空蔵神社「こくぞうさん」に行ってみました、大きな欅の木にロープをかけてブランコをした事を思い出しました、下に落ちた奴がいて竹藪の切り株に串刺しになるところだった・・などなど、欅のあの横に伸びた枝がまだありました
2013年11月30日 02:35
山の好きなgoさんなら、いずれこの人の話が出るだろうなと思っていました^^

故郷の山と云われると僕は倶利伽羅山ですかね。峠という印象が強いですが、、、親に連れられて初めて不動尊まで歩いて登った記憶以来、妙に気に入って1人で何度も行っていました。

深田久弥の生家に行くなら、中町からは少し離れていますが、屋敷町の全昌寺にも寄ってみてください。芭蕉と曽良が別れてから1日違いで泊った寺なんですが、ここに深田久弥(九山)の句碑があります。

2013年11月30日 08:09
だるま様へ
おはようございます、深田久弥が日本百名山を出版した頃は、私は20代の頃で故郷の信州で近くの山に登っていました、百名山のことを知ったのが北陸へ来てからです。
特に百名山を意識して登ったわけではないんですが、いま数えると登った10座の山が百名山に含まれています。
私は登って良かったと思う山に何回も登る主義で、百名山の雨飾山は5回登っています。
久弥が「日本百名山」を出版した後に、全国の山を見なおしたリストが見たんですがが燕岳は百名山に含めるべき山だったようです。
私のふるさとの山は信州の太郎山です、名前が可愛いでしょう、子供の頃に遊んだ山です。

2013年11月30日 08:28
幸村様へ
深田久弥のふるさとの山の詩を読んでいて頭の中に太郎山が浮かんで来ました。
子供の頃に遊んだり、たきぎ拾いをした山で、子ウサギを追いまわして捕まえた、まさの兎追いしの山です。
先日、幸村さんが太郎山へ行ったblogの写真を見ると昔と大分様子が変わったようですね。
ふもとの町は大変な変わりようですが、良く遊んだ神社は昔を語ってくれるようですね、私たちの子供のころから現在までは大きな変革期だったようですね。
山の文化館を訪れて、短い時間でしたが深田久弥の人となりに触れる事が出来て感動して帰ってきました。
2013年11月30日 10:35
つとつと様へ
おはようございます、つとつとさんのふるさとの山は倶梨伽羅山ですか、私のふるさとの山は信州の上田の太郎山です、子供の頃から遊んだり、親から言われて焚き木拾いをしたり、キノコ採りをしました。
深田久弥の生家に行くときに屋敷町の全昌寺にも寄ってみたいですね、山の文化館が歴史のあるお屋敷で驚きました、輸出用の羽二重を織っていた工場後のようですが、シルク産業が地域の経済を支えていた頃は反映していたのでしょう、良く見て来なかったのですが、大聖寺川の川船の船着き場も近くにあるようです、大聖寺は歴史の古い街並みの風情を残すところが他にも沢山残っているでしょうね。
2013年12月01日 22:25
こんばんは(*^o^*)☆
深田久弥氏も日本百名山を書いて、日本人を山に釘付けしてしまって、恩人なのか偉人なのか変人なのか…
山は栃木県那須岳まですっかり雪に閉ざされて、しようがないので日本百名山地図帳ばかり眺めています。
それなのに、goさんもヨダレの出るようなブログを書いてくださって、本当に困ります 
2013年12月02日 15:38
メロンパン様へ
こんにちは、最近の登山ブームは百名山の影響が大きいと思いますよ、山にとっては恩人でしょうね。
登山ブームに乗せられたのは中高年の方々が多いようです、どこの山に行っての私のような年金生活者が多い事、それと女性がとても元気でマケソ〰ではなく完全に負けています。
雨飾山に2度目に登った時に雨飾山で百名山達成する人が登っていて「百名山達成」と書いた横断幕を張っていっしょに記念撮影したことがありますよ、メロンパンさんも百名山踏破を目指して挑戦してください、本願成就の最後の山の時に私を呼んでください、すっ飛んでいきますから。
雪融けまでは百名山の地図を見て、ストーブリーグですね、それまではフィットネスに行って足腰を鍛えておかなくては。
いつも、つまらない記事にコメントを下さって恐縮します、ありがとうございます。
2013年12月03日 19:23
こんばんは
深田さんの百名山に登ろうと、それだけのブームを巻き起こした作風がいかに魅力的だったかが伺えます。
こんな静かな場所に、静かな佇まいの『山の文化館』が、goさんのブログで、ツアー客が訪れ一気に賑やかな場所になってしまいそうですね。
中庭の椅子に腰掛けて、一日中本を読んでいたくなるような場所ですね♪~
2013年12月04日 07:52
リッキー様へ
おはようございます、昭和40年代から続いている登山ブームは深田久弥の影響が大きいと思います、NHKで日本百名山を放送してからは特に過熱しています。
久弥は百名山を執筆する為に日本列島の北海道から九州までの山を巡って登山しています、作家と云っても机上で小説を書くのと違った苦労があったでしょう、よほど山が好きでないと出来ないと思います。。
現在、登山している人で深田久弥の名前を知らない人は少ないと思いますが、そんな彼は茅ケ岳で最期を迎えています、山の作家らしい終焉だと思います、お亡くなりになった場所には石碑が建っているそうです。
山の文化館は静かな歴史を感じるところです、館内には久弥の書いた本のほかに山に関する書物が集められた図書館もあります、ゆっくり一日かけて楽しめる場所のようです、私が行った時にカップルの方が庭の椅子に腰かけて本を読んでいまいた。
コメントを頂きありがとうございます。