野田山のロシア人墓地

ぐずついたお天気が続いた2月中旬でしたが、22日は北陸にしては曇り空ながら安定したお天気の日でした、いつもは自宅近くの市街地をウォーキングをしていますが久し振りに大乗寺山丘陵公園へウオーキングに行きました。
いつもながらこの丘陵地から見る金沢市、白山市、野々市市から日本海まで望める景色はすばらしくて私の大好きな光景です。

画像



マンサクの枝には前年の枯れた葉が落ちない時に花目が花を咲かせます。
画像



このシーズンの先がけに彩りを添えるマンサクの花です、周りの樹木が目覚める前に咲く花です。
画像



梅林の梅のつぼみは硬く未だ開花していませんでしたが、陽だまりの白梅が咲いていました。
画像



丘陵公園の反対側の斜面は野田山墓地で一般市民の墓地が並ぶ霊園になっています、その一角に石川県戦没者墓苑が有ります、大きな忠霊塔を中心に広い芝生になっていています。
画像



その戦没者墓苑の片隅にロシア人墓地が有ます、日露戦争が1904(明治37)年2月に始まり1905(明治38)年の9月に日露講和条約がアメリカ東部のポースマスに於いて締結されるまでの1年半ほど続きました。
日露戦争でロシア人が捕虜となって79.000人ほど日本に送還されてきましたが、その内6.000人が金沢に収容されました、陸軍の兵舎や寺院、小学校などに分散されて収用されていたようです。

1905(明治38)年の7月ごろから金沢に連行された捕虜も9月に日露講和条約が結ばれたその年の年末までには本国に帰されました、しかし金沢に収容されている間に10人が病に倒れて本国には帰ることが出来ませんでした、ロシア人墓地は異国の地で亡くなったロシア人を慰霊する為に当時の陸軍により建立されました。
画像



当時の金沢には陸軍第9師団が有りました、第9師団は日露戦争で日本を勝利に導いた旅順攻囲戦で乃木希典将軍の配下で参画しています、その関係でロシア人捕虜が金沢に収容されたのだと思います。
ロシア人捕虜は居留地においては外出などある程度の自由が認められていたようです、その様子は作家五木寛之の「朱鷺の墓」では、日露戦争下の城下町金沢を舞台にした美貌の芸妓とロシア貴族出身の青年将校の恋の物語などでも紹介されています。
画像



此処へ墓参に訪れた駐日ソ連大使が記念植樹をしたことを示す標識が立っていました、植樹された樹木が大きく茂っていました、ソ連が崩壊してから20数年を経ています、記念植樹された樹木がその経年を物語っていました。
画像



異国の地で無念にも病で倒れて故郷に帰れなかったロシア人の10名が祀られています.
画像



最後に祖国の為に散っていったこの戦没者御苑に祀られているすべての御霊の御冥福をお祈りします。

ウォーキングの途中で立ち寄った野田山のロシア人墓地のことを書きました、最後まで読んで頂いて有難うございます。       (本文はWikipediaの一部分を参考にしました)




この記事へのコメント

チョウチン釣りのオッサン
2016年03月05日 17:07
大乗寺山には何度か行きましたけどロシア人墓地があっつたんですね、フムフムなるほどね…
2016年03月05日 21:24
チョウチン釣りのオッサン様へ
そうでしたか、大乗寺山へ行かれることが有るんですね、オッサンの家からは大分遠いのでは?、
忠霊塔の片隅にあるロシア人墓地ですが、歴史をひもといてみると当時の日本に起こってことが分かります、今回の記事には書かなかったのですが、ロシア人墓地のそばに日露戦争で亡くなった日本の兵士の忠魂碑が有ります、日露戦争は日本が勝った事になっていますが、一説によると犠牲になった兵士の数は日本の方が多いとか、
お国の為に戦って散って行った戦士たちの命を無駄にすることなく、これからの世の中を平和にしてゆきたいですね。
にゃーちゃん
2016年03月06日 21:12
こんばんは(*^o^*)
いつもご訪問いただき 沢山の気持玉をありがとうございますm(_ _)m
野田山墓地へは 一般人墓地へお墓参りに行きます。
上の方へは子供の頃行ったきりですが それでもロシアのお墓があるのは知りませんでした。
今更ながら へぇー なるほどー と勉強になりました。
ありがとうございました(≧∇≦)
2016年03月06日 22:27
日露戦争からもう百年以上も経つんですね。わが父ちゃんが軍服姿で馬に乗ってる写真見たことるような・・これからの時代も平和であってほしいものです。ブログに花の話題がちらほら出てくる季節になり「啓蟄」のごとく動き出しgoさんのブログ更新も多くなりそうなので楽しみです
2016年03月08日 10:44
にゃーちゃん様へ
せっかくコメントを頂きながらお返事が遅れてごめんなさい。
いつも拙いblogに沢山の気持球を頂きましてありがとうございます、私のblogに気持玉やコメントを下さる方は県外の方が多いのですが、にゃーちゃんさんは同郷という事もあって特に親しみを感じて読ませて頂いています、野田山墓苑のお隣の大乗寺山丘陵公園はこれから春の季節には眺めも良くお散歩をするのには最適ですヨ、
これからも宜しくお願いします。
2016年03月08日 10:59
幸村様へ
お返事が遅れてすみません、全国的にこの間の日曜日はバカ陽気で気温が20度を超えで汗ばむ陽気でした、おまけに風を弾いて昨日は一日中、臥せっていました、今朝な熱も下がりましたので心配していたインフルエンザではないようです。
墓地公園の片隅にロシア人墓地が有るんですが、100年以上前の事で誰も訪れる人もなく忘れれれた様になっています、日露戦争前から日本も帝国主義に走り、太平洋戦争では沖縄戦や原爆などで大勢の市民が犠牲になっています、日露戦争時のロシア人墓地が忘れ去られているように、戦禍や災害がこのようにして忘れ去られて行くのですね、歴史を振り返って同じ過ちを繰り返さないようにしたいですね、孫子の為にも。
2016年03月10日 10:34
寒暖の差が激しくて、そこらじゅうで体調崩して風邪引きさんが増えているようです。我が家でも、例年のように家族に遷されてえらい目にあっていました。goさんも体調には十分お気をつけを^^;
ロシア人墓地は何度か訪れていますが、前田家墓所に行く目印にしてあまりじっくり見てはいませんでしたが、
異国で亡くなった彼らの冥福を祈ります。亡くなった10人の兵士の菩提寺は、金大病院横の宝円寺のお隣の瑞雲寺にあって、ダモイ観音と呼ばれる供養像によって8月に開帳法要が今も行われているそうです。
日露戦役は地理的な関係で参戦者・戦死者も多く、戦後の対露交渉に師団本部が置かれた関係で、石川県内には多く関連したものが残されています。戦争はやはり多くの犠牲を生み出してしまいます。県内に多くの忠魂碑がありますが、忘れてはいけませんねえ。
2016年03月10日 17:25
つとつと様へ
こんにちは、不順な天候で初夏の様な気温になったり寒くなったりで老体になると身体の調子が乱れて、今週初めには風をひきました、心配していたインフルではなかったので一安心ですが、石川県内もインフルが流行している様なのでお互いに気をつけましょう。
金沢に第9師団が有った関係で、北陸三県出身の方の戦死された人が多かったようです、日露戦争は日本が勝った事になっているのですが犠牲者は日本の方が多かったようです。
ロシア人捕虜は1945年の7月に金沢に連行されて、その年の暮れまでには本国に帰還しているようですが、第2次大戦でシベリアに抑留された日本兵は大変な重労働をさせられて犠牲者も多数出ましたが、なんといっても戦争は正義も道理も通らない「悪」ですから絶対に繰り返してはいけませんね。
瑞雲寺のロシア人の供養像のダモイ観音は知りませんでした、今度一度訪れたいものです。
コメントを頂き、有難うございます。