医学向上の為の篤志献体に思う

私は運動が出来なくなるロコモティブシンドロームにならないようにほとんど毎日ウォーキングを続けています、コースはその日の気の向くままです、今年の春、川岸の桜の花芽が膨らんであわいピンク色になる頃は安原川の川岸の桜並木を歩いていました。
CIMG0825
CIMG0825 posted by (C)gotyan


遊歩道の対岸に立派な神社があるのにきずいて橋を渡りました、その神社の前に石碑が建っていました、散歩の歩みを停め其の石碑に書かれている文章をみて驚きました。
竹川リンのことはつとつとさんの記事で読んで知っていましたがこの場所にある事は知りませんでした。
現在では個人情報を人目にさらす事を嫌いこのような石碑に刻む事はおろか人目につく大通りにさらすことは嫌います。
私が考えるに事の内容から個人情報によって故人や家族が後ろ指を指される内容ではなくむしろ立派なことです、この時代に固い意志で決断した事に敬意を表します。


CIMG0802
CIMG0802 posted by CIMG0828
CIMG0828 posted by (C)gotyan


CIMG0829
CIMG0829 posted by (C)gotyan


文章が読みにくいのでここに書き記します、昔の文章ですので分かりにくいと思いますが、良く読めば内容は分かると思います。
CIMG0792
CIMG0792 posted by (C)gotyan

竹川リンハ難病ニ罹リ 本院施療之処
終ニ死亡シ母ソヨ其遺言ニ因リ病屍解剖
ヲ委託ス即チ我院ニ於テ剖観ス 是レ医
術ノ進歩ヲ促シ且后来患者治療ノ開明ヲ
期スルニ至ル 因ッテ彼ノ志ヲ憫量シ有
志相醵シテ此墓碑ヲ建設スルモノ也

石川郡徳丸村私立松江病院長
            松江安見



松江安見  
弘化元(1844)年~明治22(1889)年 石川県白山市(旧松任市)の出身の医師
石川県で初めて篤志解剖を行った、若くして医学の道を志し、金沢医学所(現金沢大学医学類)で学んだ。
松任市徳丸の自宅で開業したが、明治13(1880)年、彼が37歳の時に石川県病院布達出願手続きが定められたのを機に医院を病院に改めた、石川郡での病院の嚆矢なる。
安見は9人兄弟でその内4人を医師として育てた。

松江安見医師のことはつとつとさんのブログで細かく紹介されています。
https://72469241.at.webry.info/201503/article_1.html




この頃は一般人の解剖は禁止されていました、医院の松江安見医師も解剖の経験はありましたがそれらは監獄の処刑者の遺体でした、難病の解明のため一般人の篤志献体者を解剖するのは石川県で始めての事例でした。

CIMG0793
CIMG0793 posted by (C)gotyan


石碑の裏面に高橋富兄氏の送稿が記されています。

人として人のため世のためにならずは
人に阿らさるに志かす 加賀の国石川郡矢
木荒屋村に竹川りんといふ女あり 志ぬ
るいまはに云く おのが病は名あるくす
したちも志りかてにせり いかて身をほ
ときてあきらめてよとてつひに明治十六
年四月二十五日によはひ四十三にして身ま
かりぬ志のををしさますら男も志さる
へし あわれ身をほとくしのままあれと
病のためにかかるは此石川県にして此人
を始とす 阿はれ此人なほははあり

世のためにゆるしながらくれない乃
なみだや手にふりかかりけん

人々此おや子のため石ふみものせんと
てこふままにかくいふは
           高橋富兄

高橋富兄(高橋とみえ)
文政8(1825)年生まれ 加賀藩士
藩校明倫堂で国学、漢字を学び後に明倫堂の講師となる、廃藩後の晩年は四校(金沢大学の前進)の教授となる、石川歌壇の中心的な人物。 大正3(1914)年没



石碑の近くを流れる春浅い安原川の川岸には”リュウキンカ(立金花)”の金色の花が一面に咲いていました。
CIMG0800
CIMG0800 posted by (C)gotyan


CIMG0817
CIMG0817 posted by (C)gotyan







ここから現在の篤志献体の話になります。
現在では臓器提供も運転免許証の裏面に本人の意思を確認する欄が設けられています、自分の死後に亡骸でお役に立つのであれば役立ててほしいと希望する人は意思表示が出来るようになっています。
又、医術の発展の為に篤志献体のを申し込む人も年々増加していると聞いています、

明治の時代では篤志献体は個人的に勇気のいる大変なことでしたが、現在では医師を志す大学生を育てるために実際に人体の解剖をして医術を高めています。

公益財団法人、日本篤志献体協会によると、献体とは、医学・歯学の大学における解剖学の教育・研究に役立たせるため、自分の遺体を無条件・無報酬で提供することをいいます。
「自分の死後、遺体を医学・歯学の教育と研究のために役立てたい」とこころざした人が、生前から献体したい大学またはこれに関連した団体に名前を登録しておき(「献体登録をするには」参照)、亡くなられた時、遺族あるいは関係者がその遺志にしたがって遺体を大学に提供することによって、はじめて献体が実行されることになります。

     公益財団法人
          日本篤志献体協会による

金沢市の兼六園からも見える卯辰山に金沢大学医学部の解剖体墓地があります、車道から墓地に通ずる登り口には一本の標識はが立っていますが、普段は訪れる人もなく墓参りでここに来る人以外は見過ごされてしまいます。
私は母方の縁者が献体をしていますので、時折お参りにこの場所を訪れていますから見過ごすこともなく車を停めています。
P1220225
P1220225 posted by (C)gotyan


P1220226
P1220226 posted by (C)gotyan


石段を登った先には「解剖屍體之塚」と書かれた石碑が中央にあり、その後方には一つの石碑に約200名前後ぐらいの篤志献体者のお名前が刻まれています、その数が大凡33基ありました、人数はざっと六千数百人になります。
P1220232
P1220232 posted by (C)gotyan


石碑の横には木札をかけるところがあって、献体者の解剖実習が終わった人のお名前が書かれた木札が掛かっています、大凡200名ぐらいになったら石碑を建ててお名前を刻むのでしょう。
P1220231
P1220231 posted by (C)gotyan

一番古い石碑には「第四高等学校医学部解剖遺体第一合葬定名」と刻まれています。
第四高等学校医学部は現在の金沢大学医学部の前進です。

P1220239
P1220239 posted by (C)gotyan

一番古い石碑の日付が”自明治21年、至明治29年なっていました、前出の松江安見が明治16年の4月に石川県で初めてとなる篤志献体の竹川りんを解剖してから5年後の明治21年には第四高等学校の医学部において篤志献体の解剖が行われていた事になります。
P1220237
P1220237 posted by (C)gotyan



P1220241
P1220241 posted by (C)gotyan



P1220240
P1220240 posted by (C)gotyan

平成3年に建てられた石碑の中に私の縁者の名前を見つけてその石碑の前に燈明と線香を供えて冥福を祈ってきました。
P1220234
P1220234 posted by (C)gotyan


一番新しく建てらた石碑は平成28年6月の日付けが入っていました。
P1220242
P1220242 posted by (C)gotyan


医学の研修の為に解剖をした学生の代表が「献体の諸霊に」と題して献体者の霊にささげる送稿を掲げています、読みにくいので文章を列記します。
P1220245
P1220245 posted by (C)gotyan



献体の諸霊に
半年間の解剖学実習を終えた今、おじいちゃん、おばあちゃんと初めて対面した日の緊張感や、毎回の実習作業など、思い出の数々が鮮やかに甦ってきます。
実習中は、山田先生や指導の先生を困らせたことも何度もありましたが、学生が一番苦労したのはまずレポートでした。
誤りが指摘され、厳しく練られればこそ、記録としての価値が生まれました、また「所見発表」は復習の場として十分活用されました。
脈絡のない知識が系統たてられ、それまで別々と思っていた現象の間に思いがけない関連がある事に気づいて驚いたりもしました。
「実習調査」では、各自が個性と才能を発揮し、果敢にも作業仮説を立てて人体の謎に挑戦しました。
独創性を磨いたり、議論を戦わす場となった事が忘れられません、この実習を通して学生は医師の基本姿勢を模索し、解剖学の知識を越えて実に多くの事を学びました。
人間とは、生命とは、といった根源的な問いかけにはまだ答えは出ていませんが、良医が育つように願って播かれた献体の種は、私たちと共に芽生え育って、近い将来必ずや見事に結実するに違いありません。
その事を今ここで固くお約束したいと思います。

昭和62年4月  金沢大学医学部学生代表
            新井田 要







献体という個人の決断が医学、薬学の向上に大変な成果を上げています、今日の高度医療や優れた医師の輩出に大きく貢献しています、卯辰山でひっそりと供養されている六千余名の篤志献体者のほかに全国では大変大勢の篤志献体者がおられると思います、今日私たちが高度医療を受けられるのも優れた医師の診察を受けられるのも影に篤志献体者がいることを忘れてはいけないと思います。

年の暮れが迫っています、おそらく本年最後の更新になると思います、少し早い年末の挨拶になりますが、来るべき新しい年も皆様におかれましては健康で飛躍の年になりますように祈っています、今年一年ありがとうございました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 87

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2018年12月25日 08:37
 一口に献体と言っても中々出来るものではありません。素晴らしい事ですね。
 
 今年もまた北陸地方の自然、文化など見せて頂き感謝申し上げます。
ササユリ、蕎麦の花の記事が印象に残っております。
足腰がしっかりしていれば色々動くのには支障が無いと私自身も言い聞かせブログなどの写真撮りやゴルフを楽しんでいます。
GOさんにおかれましても益々健康で明るい年になるよう祈念致します、有難うございました。
2018年12月25日 16:01
信徳様へ
このシーズンはブログのネタに事かく季節でどうしても更新が遅れてしまいます。
なんとか春まで話題を見つけて出来るだけコンスタントに更新を続けていきたいと思っています、この一年信徳さんのSLの記事や高原の花の記事に若き日の郷愁を感じて励まされました、ありがとうございました。
来年もそちらの美しい景色やSLの記事を楽しみにしています、お互いに健康でカメラを持って野山をめぐれるようなよい年になる様に頑張りましょう、よいお年をお迎え下さい。
2018年12月25日 19:45
竹川リンさんのことは、子供の頃に小学校で教わって話程度だったんですが、松任に来た時に東明小学校の松江医師の顕彰碑を観て詳しく知ることが出来ました。いつか竹川リンさんの新しい顕彰碑もみたいと思って果たせたのが前回のブログでした。
卯辰山の解剖体墓地は一度訪れましたが、高校生の頃、多くの記銘を目の前にしたとき、あまりの重々しさに長く滞在する非礼を感じて、手を合わせて去った記憶が甦りました。。僕たちが新しい治療や診療を受けられるのも、多くの献体による部分の多さを感じます。

年末になって、寒さが感じられる日が増えてきました。さすがに2月のような大雪は無いと信じていますが、goさんもお身体を自愛して、良い年をお迎えください。。
2018年12月25日 20:06
一般人を解剖すると罰せられる時代に凄いと感動しました。献体された竹川リンさん、解剖された松江安見医師。素晴らしいですね。私は臆病なので死んだあと体が切り刻まれることを想像すると…。
2018年12月26日 07:49
つとつと様へ
竹花リンのことはつとつとさんの大野弁吉の記事で初めて知りましたが顕彰碑がどこにあるかは忘れていました、偶然ウォーキングの途中で見つけました。
松江安見を讃える碑が東名小学校にある事も知りましたがいまだ行けていません。
卯辰山の金沢大学医学部の解剖体の墓地は草木が茂る森の中にありますので心霊スポットとして有名になっていることを先ごろ知りました、私の縁者が献体をしていますので時々思い出しては参っています、私はあの場所に行っても特別なにかを感じた事がないですが感受性の敏感な人は感じるのですかね。
2018年12月26日 08:11
tor様へ
現在では臓器提供も献体も合法的に行われていますが明治の時代に自分の難病を解明する為に一身をささげた竹川リンと松江安見医師の決断は後世までも語り継がれています。
自分の亡骸を医学の発展の為に役立ててほしいと決断する人は立派です、私もそうですが、いざ自分の身にてらした時には躊躇します、金沢大学医学部で明治21年から六千余名の献体者がいるので全国では数え切れないほどの献体者が一身を差し出して医学の発展や医師の輩出に貢献していることを忘れてはなりませんね。
2018年12月26日 22:30
何事も先駆けとなるのは、
抵抗のあるもの。前例の無かった
時代に、医学向上のため、自身の
亡骸を捧げた竹川リンさんの
勇気には敬意を表したいと思います。
一年の締めくくりに、考えさせられる
いいお話を聞かせて戴きました。
2018年12月27日 12:27
yasuhiko様へ
現在では臓器提供の意思表示が運転免許証の裏面欄で出来るようになったり篤志献体の申し込みが申込用紙一枚を記入するだけで出来るようになっていますが、いざ自分に照らし合わせると躊躇します、明治の時代に前例がない時代に決断した竹川りんさんに敬意を表します、この様にして難病の治療が進歩して行ったのでしょう、近代になって平均寿命が延びているのもこのような人達の献身的な行為によって築かれて行ったと思います。
後期高齢者になっても生き伸びている私は感謝です。
今年も暮れようとしています、どうか健康で飛躍の新しい年をお迎え下さい。