秘境黒部の旅

前記事より続く
黒部峡谷鉄道の宇奈月温泉駅より出発です。
私の乗った車両は窓のない普通車両です、乗り込んだ後に鎖で仕切ります。
aP1240924
aP1240924 posted by (C)
gotyan



bP1220914
bP1220914 posted by (C)gotyan


cP1240928
cP1240928 posted by (C)gotyan


宇奈月ダム湖
cP1240929
cP1240929 posted by (C)gotyan


ダム湖の対岸に見える建物は日帰り入浴施設の”栃の湯”です。
dP1240995
dP1240995 posted by (C)gotyan


ヨーロッパの古城を思わせる建物は”新柳河原発電所”です。
eP1240932
eP1240932 posted by (C)gotyan


出し平ダム、車窓より。
fP1240950
fP1240950 posted by (C)gotyan


沿線の温泉”黒薙温泉”(くろなぎおんせん)この駅で下車して20分ほど行ったところに一軒宿が有る、河原から温泉が自噴していて河原の露天風呂は野趣満点です、宇奈月温泉はここから湯をひいています。
gP1220934
gP1220934 posted by (C)gotyan


トロッコ電車が深い谷の橋を渡ります、下流の発電所に行く導水管が谷を渡っています。
hP1240944
hP1240944 posted by (C)gotyan


トロッコ電車は単線ですのですれ違いは駅でしますが、早く到着した車両が時間調整で待ちます。
iP1240965
iP1240965 posted by (C)gotyan


沿線の温泉”鐘釣”(かねつり)、宿泊宿もあり河原に露天風呂も有る、黒部川が増水すると露天風呂は水没する様です。
kP1240969
kP1240969 posted by (C)gotyan


車窓よりの沿線の風景
lP1240973
lP1240973 posted by (C)gotyan


mP1240953
mP1240953 posted by (C)gotyan



nP1240958
nP1240958 posted by (C)gotyan

トロッコ電車の終点欅平に着きました、これから二本脚で(ストックを入れると四本脚かな)で歩いて行きます。
P1120441
P1120441 posted by (C)gotyan


20分ほど歩いたら名剣温泉に着きました、いつもこの辺で昼時間が過ぎるので昼食をしてゆきます。
P1120458
P1120458 posted by (C)gotyan


qP1240980
qP1240980 posted by (C)gotyan


昼食はここでしか飲めない秘湯ビールといつもの山菜天そばです、秘湯ビールは秘湯の会に加盟している温泉のみで提供されていてブナの酵母から造った美味しいビールです。
tP1240976
tP1240976 posted by (C)gotyan

昼食を済ませてから祖母谷温泉小屋を目指して歩きだしました、道は工事用車両が通れる道ですが傾斜はかなり急です、振り返ると名剣温泉が小さく見えます、遠くの山には新緑と残雪が綺麗に見えました。
vP1240986
vP1240986 posted by (C)gotyan


wP1220993
wP1220993 posted by (C)gotyan


vP1120487
vP1120487 posted by (C)gotyan


最後の長いトンネルを抜けると対岸に目指す祖母谷温泉小屋が見えました。
xaP1120554
xaP1120554 posted by (C)gotyan


祖母谷温泉小屋の泉源は約100mほど上流の祖母谷地獄の河原から約80℃の温泉が自噴しています。
xbP1080538
xbP1080538 posted by (C)gotyan


祖母谷地獄よりひいた湯をわき水で適温にした湯を露天風呂の大きな浴槽に24時間かけ流しにしています。
xbP1120534
xbP1120534 posted by (C)gotyan


xcP1120538
xcP1120538 posted by (C)gotyan


夕食の料理です
xdP1120514
xdP1120514 posted by (C)gotyan


私たちが現地調達した岩魚の塩焼きと骨酒、釣った岩魚を女将さんにお願いして焼いてもらいました。
今回の釣果は二人で岩魚10匹程釣れました、自分たちだけで食べきれないのでご一緒に宿泊した人たちに振る舞いました。
xdP1120515
xdP1120515 posted by (C)gotyan


xdP1120517
xdP1120517 posted by (C)gotyan


朝食です、宿泊したのは私たち二人と信州から来ていた登山のベテランの山ガールの二人でした。
xeP1240982
xeP1240982 posted by (C)gotyan


数年前から釣友と二人でこのシーズンに訪れていた祖母谷温泉小屋の旅は今年も楽しく終わりました、小屋を10時頃に発って11時半ごろのトロッコ電車に乗って宇奈月温泉に13時前に着きました。
昨夜、小屋の屋根をうつ雨音が強く聞こえましたが帰りには雨も上がって二日間とも雨に遭う事もなく終わりました、梅雨時で山手の旅で雨に遭わなかったのはラッキーでした。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

信徳
2019年07月11日 20:23
祖母谷温泉、秘境中の秘境なんですね。
宇奈月温泉は有名ですがそこから黒部峡谷のトロッコに乗って
祖母谷温泉へ。
鐘釣温泉の下の画像で谷に落ちかけているのは雪渓でしょうか?
欅平から温泉までは2~3kmの距離なんですね。
地産ビール、塩焼き、骨酒は特に美味しかったでしょう。
2019年07月12日 10:47
信徳様へ
おはようございます、大リニューアルしてから使い勝手が違って四苦八苦しています、少しづつ分かって来たように思いました、これからもまともな記事が書けるか心配ですが宜しくお願いします。
祖母谷温泉には30数年前から行っていますが数年前から釣友とこの時期に毎年行っています、宇奈月温泉からトロッコ電車で約1時間20分で終点の欅平に着きます、そこから距離にしておっしゃる通り直線で2~3キロですが約1時間かかります、祖母谷温泉より奥は登山道で唐松岳や白馬岳の裏側に登る道になっています、いづれの登山道もマイナーの登山道で人気がイマイチの登山道です。
祖母谷温泉は元々は山小屋として開業したのですが山に登る人が少ないので
我々のような物好きの温泉宿になっています。
鐘釣駅を出て対岸に見えるのは向かいの百貫山から滑り落ちた雪です、夏になっても解けないので”鐘釣の万年雪”と言って名所になっています、このあたりの山は垂直に近い岩山ですので降った雪が積もらずに黒部に谷を埋めているのでしょうね。
2019年07月12日 15:10
ψ(`∇´)ψナイス!(^^)!
「気持玉」代わりの足跡です。
2019年07月12日 20:27
先日拝見した温泉の写真が。
こちらに使用の予定だったのですね。
さすが黒部ですね。
渓谷が深いというか・・・
そして秘湯につかり宿泊は最高の贅沢ですね。
渓流釣りはイワナだったのですね。
自分で釣った魚を食べるのは最高でしょうね。
2019年07月13日 06:48
pero様へ
気持玉ありがとう。
2019年07月13日 07:04
tor様へ
出来の悪いブログに毎回コメントを下さってありがとうございます。
やっとのことで黒部の旅の様子を記事にする事が出来ました、祖母谷温泉は元々は登山者の山小屋として登山者を泊めていたのですが唐松岳や白馬岳の裏道なので苦労も多くマイナーな登山道になっています、登山者がいないので物好きな私たちのような者が泊っています、温泉は豊富でほとんどが川に流れています。
釣り竿を持参して塩焼き用と骨酒用の岩魚は現地調達しています、黒部の水で育った天然の岩魚はおいしいですよ。
源次郎
2019年07月13日 08:24
釣果も良く、サイズも塩焼きに骨酒にうまそうですね。これが現地調達できるんですから腕がいいってことです。
秘境の秘湯、たいへんな思いでたどり着いた湯は最高でしょう、良い旅でしたね
ブログも慣れて来たようですね、画像もアップも問題なく良い記事になっています。事務局も使いやすく改善してくれるでしょう、ここのコメント記入も枠が広くて前よりも打ちやすいように感じます
2019年07月13日 14:08
こんにちは。
久しぶりに黒部峡谷の様子をじっくり見れてとても楽しめました。
下界と違って涼しそうですね。
温泉にお料理に沢山楽しまれましたね♪
何より 雨降らなかったのが良かったですね。

2019年07月13日 18:09
源次郎様へ
ここ数年の恒例になっている黒部の祖母谷温泉小屋に行って来ました。
なかなか1人では重い腰が上がらないのですが友に誘われて日ごろの憂さ晴らしが出来ました。
欅平からの1時間は年々きつく感じます、来年も行けるか心配です、毎日ウォーキングをしていますが傾斜のキツイ山道はこたえます、途中でビールを飲んだせいか息が切れました。
上田の山ガールと同じ日に宿泊したのは奇遇でした。
2019年07月13日 18:28
にゃーちゃん様へ
こんにちは、いつも可愛いブログにおじゃましています、気持玉がなくなって不便ですね忙しい時にがサッと流し読みをして足跡を残せたのですが。
恒例の黒部に旅してきました、緑が溢れて綺麗でした、紅葉の時も綺麗だと思いますがいつもこのシーズンに行っています、今度紅葉の時に行ってみたいものです、梅雨時で雨に降られることを覚悟して行ったのですが、夜中は雨が降っていた様ですが朝に上がってうす陽もさすお天気でした、ラッキーでしたね。
2019年07月13日 22:45
 ナイス 
時間がなくてごめんなさい。
気持ち玉です
2019年08月31日 11:46
祖母谷温泉には一度は泊りがけで星空観ながら湯に浸かりたいと熱望していますが、なかなか果たせそうにありません。。
毎年、goさんのブログを楽しみに、画像で旅をさせて頂いています^^
たしかに梅雨時の山で雨に祟られないのは奇跡に近いですねえ。。やはり日頃の行いの良さですねえ^^
トロッコ列車に乗ると途中にも多くの温泉が見られますが、いつも興味津々。。欅平までの途中下車は2度しかないので、さっぱりですが、良さげな所が多そうですねえ^^
2019年09月02日 08:24
つとつと様へ
黒部のトロッコ電車の途中にも温泉が何か所かあります、いずれも野趣に富んだ温泉ですが中でも祖母谷温泉は一番奥まった所に有ります、元々は剣岳の案内人の佐伯源次郎さんが山小屋として建てたものです、唐松岳や白馬岳の裏ルートでマイナー登山道の為、登山者が利用することが少ななっています、今では私のような物好きの者が利用するだけです。
浮世離れした小屋ですが近所に自墳する温泉だけは豊富です。