オニユリの里

今年もオニユリの里に行って花を見てきました、オニユリの里は去年に7月25日に一昨年は7月26日に行っています、オニユリは年数にもよりますが通常三段ぐらいの蕾を付けます、開花は下の蕾から順次咲いて行きます、2年とも下の蕾と2番目の蕾が開花した頃で綺麗な花を見る事が出来ました、今年は23日に行ったのですが開花時期が遅れていて一番下の蕾がオレンジ色に色付いていたもののまだ開花していませんでした、私の予想では開花まで1週間ぐらいかかりそうでしたので30日に再度訪ねました。
白山市八田の保安林の松林の中にオニユリが群生して咲いています、現地は海に近く砂丘地の”しおさいロード”という道路沿いに有ります、オニユリの群生地は一時期絶滅の危機に有りましたが、地元のボランティアにより公園として管理されて一万本とも一万五千本とも言われるオニユリの花が咲くようになりました。
現地には20台ほどの駐車場と公衆トイレが有ります、私が訪ねた30日は平日でもあり1台の車が駐車していましたが私が着く頃に帰って行きました、広い公園には訪れる人もなくゆっくりとオニユリの群生を観賞する事が出来ました。
aP1250133
aP1250133 posted by (C)gotyan

遊歩道は砂丘の松林の間を登って行きます、遊歩道の両側にはオニユリが咲いています。
bP1250116
bP1250116 posted by (C)gotyan


cP1250117
cP1250117 posted by (C)gotyan


dP1250119
dP1250119 posted by (C)gotyan

砂丘の頂上付近にオニユリの群生している場所が有ります、オニユリは別名「天蓋百合(テンガイユリ)」と呼ばれてアジアでは中国、朝鮮半島、日本では北海道から九州の平地や低山に自生しています、日本中のどこでも見られる百合です、私の古里信州でもよく見かける花でしたので山地に自生していると思ったのですが、海辺の潮風が当たる砂丘にも自生していて驚きました。
eP1250137
eP1250137 posted by (C)gotyan


fP1250127
fP1250127 posted by (C)gotyan


gP1250154
gP1250154 posted by (C)gotyan


オニユリの鱗茎(球根)はユリ根として食用になります、また花の後に種子が出来ない、葉の付け根に暗紫色のムカゴ(零余子)が出来それが落ちて球根になり増える。
hP1250125
hP1250125 posted by (C)gotyan


iP1250136
iP1250136 posted by (C)gotyan


jP1250158
jP1250158 posted by (C)gotyan


j2P1250118
j2P1250118 posted by (C)gotyan


kP1250134
kP1250134 posted by (C)gotyan

しおさい歩道橋を渡ると浜に通じます、歩道橋に上からはしおさいロードが良く見えます。
lP1250056
lP1250056 posted by (C)gotyan


mP1250057
mP1250057 posted by (C)gotyan

しおさい歩道橋を渡ると砂丘の上の展望台に遊歩道は伸びています。
nP1250139
nP1250139 posted by (C)gotyan

展望台に上がって見ました、ここからは海岸の波打ち際が良く見えます、砂丘の下にはサイクリングロードが有ります、海に面した砂丘の草原の中にオニユリが咲いていてオレンジ色の花が遠くからでも分かりました。
oP1250141
oP1250141 posted by (C)gotyan


p1P1250142
p1P1250142 posted by (C)gotyan



p2P1250144
p2P1250144 posted by (C)gotyan


p3P1250146
p3P1250146 posted by (C)gotyan


展望台の周りにはハマゴウ(浜栲)の花が咲いていました、ハマゴウは草のように見えますが常緑小低木の海浜植物で砂の上に幹が這うように伸びる事からハマハイとも呼ばれます、又、葉を燃やすと良い香りがするので線香やお香の原料にするそうです、そんな事から「浜香」の文字を充てることもあります。
p4P1250067
p4P1250067 posted by (C)gotyan


p5P1250060
p5P1250060 posted by (C)gotyan


p6P1250061
p6P1250061 posted by (C)gotyan


ハナゴウ(浜栲)の花です。
p7P1250062
p7P1250062 posted by (C)gotyan

駐車場のお隣の畑には今年も沢山のケイトウ(鶏頭)の花が栽培されていました、北陸の盆花に菊と紅いケイトウの花が入ります、8月の旧盆には刈り取られて盆花になることでしょう。
p8P1250111
p8P1250111 posted by (C)gotyan

駐車場には公園の散策路の地図の看板が掲げられていました。
p9P1250159
p9P1250159 posted by (C)gotyan

現地に着いたのは午前10時頃でしたオニユリの群生地や浜の方まで散策をして駐車場の車に戻ったのが11時半ぐらいだと思いますが、風のない暑い日でした、車に乗った途端に汗が噴き出して車のクーラーを全開にしてペットボトルのお茶を飲んで暫く休んでから帰りました。
幸い熱中症にならないで済みましたが、朝早くか夕方陽が傾いてから来た方が良かったと思いました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

源次郎
2019年08月03日 11:27
暑い日々が続いていますね、画像から見ると海風があって涼しそうですが?
しっかりとした花びら、オレンジの鮮やかな色、オニユリは豪華な花ですね、こんなに立派な花が普通に海岸に群生してるんですね、ユリって茎の葉のところに種があったような、増えていった物なのでしょうね
go
2019年08月03日 20:50
2019年08月04日 08:19
源次郎様へ
昨夜コメントの返事を書いたのですが、中途半端になってしまってごめんなさい。
新しいウエブリブログにいつまでたっても慣れないで困ります、頭が固くなって新しい事が頭に入らないのでしょうね。
毎日暑い日が続いています、雨が降らない好天が続いています、オニユリの里に行った日は風が無くて浜辺の陽の光が強くてジリジリ暑い日でした、各地で猪の被害が出ているようですが、この砂丘に猪が来たらオニユリの球根を掘り返されて絶滅します、猪がこない事を願います。
今までオニユリは球根が分岐して増えるのだと思っていましたが山いものようにムカゴで増える様でした、目から鱗です。
2019年08月06日 19:34
今晩は!
ご無沙汰しています。
こちらではオニユリが里山、公園などで見られるのですがこんなに群生しているのは見られません。海岸にはハマゴウなどの植物が有るのは良く知られていますがオニユリの群生は珍しいのではないのでしょうか?
確かにムカゴで3~4年すれば新しいのが増えて咲き出しますが凄いですね。
私の所はコオニユリは有りますがオニユリは有りません。コオニユリはムカゴがないので球根で増えて行きます。
暑い時期が続いていますので熱中症などに罹らないようお過ごし下さい。
2019年08月07日 07:00
信徳様へ
おはようございます、暑さのせいにするのも申し訳ない気がするのですが、こう暑い日が続くと皆さんの記事に訪問出来ずにご無沙汰しています。
オニユリは全国どこでも見られますが信州にいる時は山地に自生していると思っていましたが、北陸にきて海辺の砂丘に咲いているオニユリをみて驚きました。
ここの公園のオニユリも一時絶滅の危機になったようですが地元のボランティアで管理、保護してこのように立派に群生するようになったようです。
コオニユリはムカゴが出来ないようですね植物図鑑には書いてありましたが未だ現物は見た事が無いんです。
2019年08月11日 18:11
凄いなぁ。オニユリがこんなに群生してる
風景は初めて見ました。しかも、ほぼ独り占め
状態というのも驚きです。ユリ根はけっこう
好きなんですが、一時絶滅しかけたオニユリを
復活させたくらいですから、食用に利用したりは
しないんでしょうね。海を背景にした
オニユリの花の姿も風情があると思いました。
2019年08月12日 06:27
yasuhiko様へ
おはようございます、コメントを頂きましてありがとうございます、ウエブリブログが変わってしまって気持玉が無くなってしまって都合が悪くなりましたね。
山国育ちの私はオニユリは山地や草原に咲いている所しか知らなかったのですが北陸に来たら潮風が当たる砂丘にも自生して驚きました、植物図鑑で調べますとオニユリは北海道から九州まで広く自生しているようです、ここの砂丘の松林の中に群生していますが地元の人以外にあまり知られていない様です。
白山麓や平野部で猪の出没が新聞に載っています、猪がユリ根の味を覚えたら折角保護したオニユリの群生地がなくなってしまうので猪がこない事を願っています。
2019年08月20日 00:03
 ナイス 
気持ち玉代わりです
時間がなくてごめんなさい。
コメ返はお気になさらないでくださいね。
2019年09月04日 17:45
見事なオニユリの群生地ですね。
海岸の砂丘地に、このような広大な群生地があるのは驚きです。
若い頃、北海道に居ました時に、オニユリではありませんが、網走などの広大な原生花園を思い出しました。
2019年09月04日 20:53
mori-sanpo様へ
コメントを有難うございます、9月に入ってから朝晩が涼しくなって少し過ごしやすくなりました。
信州生まれの私には潮風のふく砂丘にオニユリが育つ事が不思議でした、地元の人の手入れが良かったのか砂丘の松の防風林の中に群生しています、今回で3年目になりますが見事な群生には感心しています。
私のブログは1カ月以上のリニューアルしていません、お恥ずかしい次第ですが、今年の夏は事のほか猛暑が続いていました、この暑さにブログの取材もままならず、家族(娘)から夏の間は外出禁止令が出て取材が出来ないのです。
今年の誕生日のプレゼントは男性用の陽傘でした。
2019年09月06日 14:08
こんにちは〜
オニユリの里 見事ですね
あたり一面オレンジ色 素晴らしい景色です。
そして深紅の鶏頭の花にも感動ものです。
できることなら、鶏頭の花両手に抱えられる位欲しいです。
お花鑑賞して海を見る 最高のコースですね。
2019年09月07日 07:47
イータン様へ
オニユリの里へ行ったのは今年で3回目になります、オニユリは砂丘の防風林の松の林の中に群生しています、日本のどこでも観られるオニユリですがこれだけ群生している所は珍しいでしょう、この場所にのオニユリも一時は絶滅の危機に有ったようですが地元のボランティアの方々が奉仕をしてこれだけの花が見られる様になりました。
通歩道の草刈も綺麗にされていて海辺まで楽しく花を見て回る事が出来ました。
駐車場のお隣の畑に見事に鶏頭の花がさいていました、これで3年になりますがオニユリを見に来て毎年鶏頭の花も見させて頂いております。