金澤神社ーウエルカム・国立工芸館

年が明けた一月に孫の高校受験の祈願に金澤神社に行って絵馬を書いてお願いしてきました、
金澤神社は兼六園の隣にありまして、学問の神様の菅原道真公を祀った神社です。
孫が高校に無事に合格したのでお礼のお参りに行きました、お礼参りということで絵馬は
書きませんでしたが神前でお礼の祈りをしました。




P1250791
P1250791 posted by (C)gotyan

兼六園の横にある金澤神社のそばに「金城霊澤(きんじょうれいたく)」という泉があります。その昔、芋掘藤五郎という男がこの湧き水で
イモを洗ったところ、たくさんの砂金が出てきたという伝説が残っています。そこから「金洗いの沢」と呼ばれるようになり、「金沢」という地名の
由来になったと伝えられています。

P1250794
P1250794 posted by (C)gotyan



P1250796
P1250796 posted by (C)gotyan


三月二十六日は北陸のこの時期には珍しい晴天の日でした、兼六園は私たちシニアの入場料は無料です、
久しぶりに園内を散策して来ました、梅が終わって桜には早かったけれど枝ぶりの良い松は雪つりも外されて
冬の景色から春の装いをしていました。
P1250798
P1250798 posted by (C)gotyan



P1250801
P1250801 posted by (C)gotyan

兼六園の近くにこの夏にオープンする国立の工芸館の建設工事が進み完成まじかになっているので
すこし足を延ばしてその外観を観てきました。
二棟の建物は中心の渡り廊下で結ばれています、左側の建物は旧第九師団司令本部、右側の建物は
旧陸軍偕行社の建物です、いずれも1898(明治31)年に建てられた建物で以前は向かいの能楽堂の
横にありましたが今回移築しました。
ブロ友の yasuhikoさんの『街が好き』のブログのなか 「さらば、国立近代美術館工芸館」 で最後の所蔵品の
展示会の様子が詳しく書かれています、工芸館は東京の旧近衛師団司令部の庁舎の赤レンガ造りのモダンな建物を
利用していましたが、今年金澤に移転することになりました。
P1250814 (2)
P1250814 (2) posted by (C)gotyan

まだ建設途中なので柵で囲まれて立ち入り禁止になっているので近くで撮影ができません、
この夏に開館したらもっと詳しい記事を書くことができると思います。
P1250816 (2)
P1250816 (2) posted by (C)gotyan


P1250818
P1250818 posted by (C)gotyan

国立工芸館の右隣は石川県立美術館で左隣はこの写真の石川県立歴史博物館です、歴史博物館の
赤レンガ造りの三棟はかつては陸軍兵器庫でした、戦後は金澤美術工芸大学になっていました。
10CIMG1006
10CIMG1006 posted by (C)gotyan

兼六園の近くに美術館、工芸館、歴史博物館がそろう今年の夏が楽しみです。
歴史博物館は昨年の11月に一部の所蔵品が無料で見学できる日がありました、
その時に行ってきましたので折を見てブログにアップしたいと思います。
最後まで読んで頂きましてありがとうございます。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 44

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

2020年04月01日 09:40
お孫さんの高校進学おめでとうございます\(^o^)/
県内屈指の学問の神様・金澤神社にお礼参り、素晴らしい行為だと思います。

工芸館では収蔵品の引っ越しでこれから大変なことになりそうですが、、、建物はすっかりリニューアルされて美しくなっていますねえ。。オープンが楽しみです。工芸館が完成すると一代文化拠点が出来ますねえ^^
2020年04月01日 18:10
つとつと様へ
ありがとうございます、出来の悪い孫ですが何とか高校に合格しました、
これも金澤神社の菅原道真公のおかげです。

国立美術館工芸館が今夏に金澤にオープンすることになりました、去年に
お隣の県立歴史博物館を見てきましたが、工芸の盛んな金澤に国立の工芸館が来ることで地元の工芸が益々盛んになることでしょう、今年の夏が楽しみです。
地元の作家の作品が工芸館の所蔵品として大切に後世に伝わることを願っています。
2020年04月01日 19:19
お孫さん高校合格あめでとうございます。
兼六園の近くに金澤神社あるのですね。
つとつと様のブログで
芋掘藤五郎の話は知りました。
こちらにも同じような話があります。
全国に似た話はあるようで
伝来について不思議に思いました。
そしてまた観光名所になりそうな建物ができるのですね。
兼六園の雪吊りが見たくて以前行ったのですが
その年も暖冬で見る事ができませんでした。
2020年04月01日 20:30
tor様へ
ありがとうございます、老齢のジジババの願いが通じたのでしょうか、
おかげさまで高校受験が合格しました、大宰府の天神様にはただ感謝
感謝です。
芋ほり藤五郎伝説は地元では語り継がれているようですがそれと似た
伝説が各地にあるようですね。
今年は暖冬で雪が少なく雪吊りも必要がなかったようです、兼六園では
先日外していましたが、雪吊りの松に積もる雪の美しい光景は今年は見
られなかったよです。
おかげで白山麓のスキー場はコロナと重なって悲鳴を上げています。

源次郎
2020年04月02日 19:58
いやなウイルスが身近になってきて心配ですね、お元気ですか。
お孫さん合格されておめでとうございます、こんな時期ですが良い船出となればいいですね。
今年、金沢に国立工芸館ができるのですね
百万石の北陸の都、昔から金箔にしても加賀友禅、久谷焼、それに輪島漆器と高い技術の伝統工芸など優れたものが多く、さらに工芸館ができると兼六園の周辺はさらに文化の中心になりますね。
工芸に興味があるので見てみたいです、二十一世紀美術館も行かれませんでした。
2020年04月03日 08:06
源次郎様へ
こんにちは、いつもコメントをありがとうございます。
いやな疫病が流行ってきましたね、年寄りが重症化しやすいというので
うつらない様にしていますが防ぎきれない身近にきています。
貴方も気を付けてください。
孫の2番目が高校に行く年になりました私学ではありますが何とか合格
してホットしています。
国立の施設が中央の東京に集中しているのを地方に持ってゆく事業で
正式な名称は国立近代美術館工芸館が金澤に来ることになりました、
金澤は前田の殿様が工芸を発展させて工芸の盛んなところですので
工芸の人間国宝が何人かいます、これから工芸館の所蔵品としたくさんの
作家の作品が保存されることでしょう。
21世紀技術館の全国で有名な美術館です、一度金澤のそれらの施設を
観る機会を作ってきてください。