桜のつぼみ膨らむ

四月一日に新元号の発表がありました、新元号の「令和」を始めて聞いた時はそれほど感じるところがなかったのですが、後から親しみがわいてきて本当に良い元号に決まったと思っています。 「令和」の元号は万葉集の中の梅の花の32首の序文より引用していて、始めて日本の古典より出典された様です、今はお花見と言えば当たり前のように桜の花になっていま…
コメント:4

続きを読むread more

平成最期の釣りキチ倶楽部春の例会

恒例の釣りキチ倶楽部の春の例会を白山麓の一里の温泉の定宿にしている雪国荘で30日と31日に行いました、週間天気予報では先週末は雨降りの予報でしたが白山麓の海抜の高いところでは雪が降る予報も出ていました。 夜の宴会の岩魚の骨酒をする岩魚をゲットするために昼からの3~4時間は釣りをしようと計画して11時に麓の道の駅に集合することにしました…

続きを読むread more

今年は雪が少ない北陸

北陸は週間天気予報に太陽マークが少なく笠や消えたはずの雪だるまマークが復活して、北陸の冬特有のスッキリしない日が続いています。 3月9日はそんな北陸には珍しい晴天のよいお天気でした、その好天に誘われてウォーキングをかねて鶴来の樹木公園に行って来ました、この樹木公園は海抜150m~220mの山麓にありますので市内より積雪が多いので冬…

続きを読むread more

今期の初釣り

今日3月6日は二十四節季の啓蟄ですが今年は昨年に比べたら雪の少ない冬でした、そんな春の訪れが早い富山県の黒部川下流の本流に流れ込む「せせらぎ水路」の渓流釣りが3月1日から解禁になりました、毎年解禁の初日には釣りに行っています、今年も富山の釣り友から電話がありまして解禁初日のお誘いがあったのですが、毎年一緒に行っている友人と二人の都合のよ…

続きを読むread more

追憶の山ー⑥表銀座コース(燕岳、大天井岳、常念岳、蝶ヶ岳)

昨日は北陸の北陸の冬には珍しい快晴のお天気でした、夜からはこの季節らしい鉛色の雲に覆われていつものぐずついたお天気に戻っています。 この季節になるとフィルドに出る事が出来ず是といってブログにアップする様な事もなくご無沙汰しています、あまり永い間ブログをアップしないでいると皆様に忘れられてしまうので過去に登山した山行きを思い出して記事に…

続きを読むread more

御経塚

金沢市のお隣に野々市市という市があります、その野々市市に御経塚という地名がありますが1丁目から5丁目まであるけっこう大きな面積の町です、国道8号線沿いには大形ショッピングセンターなどがあり金沢市の郊外に開けて比較的新しい街です。 今日は此の「御経塚」の地名の由来になった場所を紹介します。 私のブログでは何回も紹介していますが、春には…
コメント:8

続きを読むread more

医学向上の為の篤志献体に思う

私は運動が出来なくなるロコモティブシンドロームにならないようにほとんど毎日ウォーキングを続けています、コースはその日の気の向くままです、今年の春、川岸の桜の花芽が膨らんであわいピンク色になる頃は安原川の川岸の桜並木を歩いていました。 CIMG0825 posted by (C)gotyan 遊歩道の対岸に立派な神社があるのに…
コメント:8

続きを読むread more

秋の丘陵公園

里の紅葉も終わりになった11月の中旬に、いつもの丘陵公園でウォーキングをしていました、ほとんどの木の葉が散っていますがまだ黄葉や紅葉をしている木がありました、常緑の木の緑と映えて綺麗でした。 P1240069 posted by (C)gotyan P1240064 posted by (C)gotyan この時期は花…
コメント:6

続きを読むread more

紅葉の季節にー其の4 晩秋の大杉谷を訪ねて

今年は北海道でも初雪が何十年ぶりかに遅いようです、そんな冬の訪れが遅い今年ですが天気予報に雪だるまマークが目立つようになりました、紅葉前線が平野部まで降りてきて久しい11月15日に晩秋の大杉谷にドライブに出掛けました。 大杉谷は小松市の山手の大杉谷川の沢筋に民家が点在する地区です、白山の麓に位置して冬は雪に閉ざされる地区です。 車が…
コメント:6

続きを読むread more

紅葉の季節にー其の3 倶梨伽羅不動寺(くりからふどうじ)西之坊

11月10日(土)に倶梨伽羅不動寺の鳳凰殿に紅葉を見に行ってきました、倶梨伽羅不動寺は高野山真言宗の寺です、源平の倶梨伽羅峠の古戦場の近くの山頂本堂には何回か行ったことがありますが今回行った鳳凰殿は西之坊として別な場所に1998(平成10)年に建立された寺です。 国道8号線は新しいルートが開通したので旧8号線が国道215号線として利用…
コメント:9

続きを読むread more

紅葉の季節にー其の2 奥獅子吼山(おくししくやま)

11月4日(日)に奥獅子吼山にハイキングに行って来ました、奥獅子吼山の登るルート三通りあります、麓のパーク獅子吼から登るルートと樹木公園からのルートと私が今回登ったルートの三通りです、先の二通りルートはふもとから登るルートで急な登りもあるのでそれなりに時間がかかるようです、今回私が登ったルートは一番楽に登れるルートで犀鶴(さいかく)林道…
コメント:6

続きを読むread more

紅葉の季節にー其の1 細尾峠

紅葉のシーズンに毎年訪れている細尾峠に行って来ました、昨年は豪雨被害で富山県側が通行止めになっていたので岐阜県側に回ったのですがそちらも通行止めになっていたので諦めました。 ここは城端から五箇山に通じる国道304号線です、昔はここから難所の細尾峠に差し掛かるのですが現在は左手の五箇山トンネルが出来たために右手の細尾峠は閑道になりま…

続きを読むread more

菊を愛でる、菊花展ー2018

秋を代表する花にコスモスと菊があります、コスモスは10月中旬にとなみ夢の平スキー場に見に行って来ましたが、一方の菊の花の展示会が10月25日より松任の総合運動公園で開催されています、過去に何回か見に行っていますが今年は初日の25日に見に行きました。 初日の午前中は市長さんを始め来賓の方々を迎えてセレモニーが行われるので午後に行きました…
コメント:8

続きを読むread more

夢の平コスモスウォッチング

新聞で情報を拾った富山県の砺波夢の平スキー場へ18日の木曜日に行って来ました、夢の平スキー場へ行くのは初めてですが富山県の八尾の川に渓流釣りに頻繁に行っていて頃にスキー場の入口の県道を通っていたので道に迷うことなく行けました。 自宅を10時頃に出て行ったので県道分岐からクネクネと曲がりヘアピンカーブのあるスキー場への道にはこの時間にな…
コメント:12

続きを読むread more

紅葉登山

去年は春と秋に鞍掛け山に、また秋の紅葉シーズンに赤魔木古山に登ってから今年になって一度も登山しをしていません、膝を傷めてから登山するのに自信がなくなったせいなのか昔のような山への情熱がうすれた事を自覚しています。 10月13日に赤魔木古山へ挑戦してみました、久しぶりの登山ですのでこれ以上無理だと判断したら引き返すつもりで登りました、そ…
コメント:10

続きを読むread more

秋のバラ園

先日ラジオを聞いていたら、秋のバラ園の話題を放送していました、今年は残暑と次から次への台風の襲来で季節感を失っていましたがラジオを聞いて思いだしたようにバラ園に行って来ました。 私が春と秋に花を見に行っているバラ園は金沢市のバラ園で通称富樫(とがし)のバラ園と呼ばれて市民の皆様に親しまれています。 大勢の人が訪れて居ました、平日でし…
コメント:8

続きを読むread more

金劒宮ほうらい祭り

白山市鶴来の金劒宮の秋季例大祭でほうらい祭りが10月6日、7日の土日に行われました、二日間は町をあげてお祭り一色になります。 基となる祭りは800年の歴史があるようですが1970年から観光振興のためほうらい祭りとして町民の祭りになったようです。 その年に初老の厄年を迎える人が白装束をして神輿を担いで二日間かけて町内をねって歩きます、…
コメント:10

続きを読むread more

渓流釣り2018のお楽しみ会

今期の石川県の渓流釣りの禁漁一日前の9月30日(日)に一泊泊まりで釣りキチクラブのお楽しみ会を催しました。 例年は白山の源流のポイントへ釣りに行っていましたが今年は台風24号が金沢を目指しているので地元の案内人の方が釣り場まで行く道が危険なので案内は出来ないという事になり、、源流に行かないのであればゆっくりの時間で一里野温泉の民宿雪国…
コメント:10

続きを読むread more

林道の花

月曜日の振り替え休日に友人の渓流釣りのお供をして白山麓へドライブに行って来ました。 友人が渓流釣りをしている間、goは林道に咲いている野花を映してきました。 ママコノシリヌグイ(田園の畦道にある草ですが山間部まで広がっていました) P1230294 posted by (C)gotyan ツリフネソウ(この時期が花の…

続きを読むread more

一面に白き蕎麦の花

先日の9月13日に蕎麦の花を見に行って来ました、去年も行った白山麓鳥越の三ツ屋野地区周辺です、蕎麦の需要が多くなっているのでしょうか、稲に代わって蕎麦の作付される面積が増えている様に思いました。 蕎麦の花は一本の茎に沢山の小さな花が咲きます、この花が蕎麦の実一粒になるので稲穂に沢山の米が実る様に蕎麦も一本の茎から沢山の蕎麦の実が収穫出…

続きを読むread more