テーマ:この一枚

「この一枚」-翡翠峡のロッククライミング

新潟県を流れる姫川の支流の小滝川は古くから翡翠の産地として知られています、現在は小滝川での採石は禁じられていますが、峡谷の景色や河原の露出した翡翠の原石を見学に大勢の人が訪れています。 数年前に信州の帰り道に少し寄り道をしてきました、小滝川の右岸の展望台から対岸の岩壁でロッククライミングをする人の姿が間近に見えました、垂直の岩壁を登っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「この一枚」-カモシカの母子

白山麓のスキー場のゲレンデの最上部です、5月の中旬に山菜とりに行ってその年に生まれた子供を連れているカモシカ母子を見ました、その日は撮影の機会もなく姿を消してしまいました。 それから二日ほど後にその場所に行ってみました、気にはしていたのですが再度姿が見られるとは思っていませんでしたが、下り始めたら横の茂みから子供を連れて現れました、芝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「この一枚」 フクロウ

毎年5月から8月の間に登山やキャンプで訪れる安曇野の須佐渡キャンプ場の近くの烏川渓谷緑地の管理等の横にあるフクロウの木彫りが可愛くて写真に収めてきました。 どなたの作品かは知りませんが、一本の丸太に彫刻しただけの作品ですがなんとも愛らしく感じました。                    親鳥にしっかりと抱かれた雛鳥が可…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一枚の写真~ウォルター・ウェストン像

ウェストンといえば毎年6月初めに上高地で山開きに合わせて日本山岳会の主催でウェストン祭が行なわれることで知られています。 私が紹介するウェストン像は信州の安曇野の常念岳や蝶ヶ岳への登山口に通ずる烏川沿いの道端の緑地にひそりとたっています。 そのすぐ先には須佐渡キャンプ場や国民宿舎ホリディー湯四季の里があります、車で通っても気付かづ通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

辰年、1枚の写真

今年は私の年、辰年です。 10年以上前になりますが栂池に行って自然園を巡っていたとき、厳しいし自然環境に長いあいだ耐えてきた樅の老木が最後の姿を見せていました。 幹は折れて枝は雪の重みで下に向かって伸びてゆく、新しい枝がでても雪で折れてこんな姿になったのです。 その姿が私には木の妖精が龍になって天をめがけて昇ってゆく姿に見えま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

昔の写真

北陸は例によって昨日から荒れ模様、今日は日中でも6度ぐらいで雨混じりの風が吹き、ウオーキングも中止。家でパソコンに向かったり長い間引き出しに押し込んであった写真やパンフレットの整理をしました。一つ出しては眺めその頃の事を思い出して想いに更ける、なかなか捗りません。懐かしい写真が出てきました、45年ぐらい前の写真ですその頃は今のようにデジ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more